​LEO ONUKI 小貫怜央

所属 東京レジェンドフェローズ

   川崎WSC(車いすバスケットボールチーム)

   慶應義塾大学

小中学校生活を野球に費やすも、中学3年の時、左脛骨に骨肉腫を発症。左膝が人工関節となり、野球ができない体となる。

高校3年の時、SNSで偶然車椅子ソフトボールを発見し、練習に参加。すぐに車椅子ソフトボールに夢中になり、1年後には日本代表に選出されるなどの活躍を見せる。

第5回北九州車椅子ソフトボール大会では、日本人障害者選手として初のホームランを記録,2018 Wheelchair Softball World Seriesでは日本人初の新人賞を受賞するなど,車椅子ソフトボールの新たな時代を開拓し続けるスラッガー。