日本車椅子ソフトボール協会 関東支部

〒101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸84

​Mail kantowheelchairsoftball@gmail.com

October 15, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

車椅子ソフトボールの魅力

July 31, 2017

 

障害の有無、老若男女問わず誰でも車椅子にさえ乗れば同じ条件でプレイできる車椅子ソフトボール。

少し練習すれば、意外と誰でも楽しむことが出来、知れば知るほど奥が深い・・・言葉で表現するのが難しいが車椅子ソフトボールに魅せられたプレーヤーたちを東京大会に向けてレポート致しました。

 

 

第一弾は群馬で新たに車椅子ソフトボールチームShadow Cranesを立ち上げた新井陽介さんです。

 

 

ソフトボールに出会ったきっかけを教えてください。

2016年4月頃ですかね、元々、自分たち群馬県内の仲良し車椅子グループの活動で、障害児や、リハビリ直後の、本格的なスポーツ(例えばバスケのクラブチーム)まではしたくないといった人たちと遊び感覚でスポーツを楽しみましょうって事で、週一回金曜の夜、体育館を団体予約して、軽いスポーツ、ツインバスケットを入口に活動してました。

この活動の第二段階てして、この活動に参加してくれてる障害児達の将来可能性を広げる一環として、現状やってるテニス、バスケなどの他に、各々興味のある新しいスポーツに挑戦していこうって話になり、色々調べてるなかたまたま車椅子ソフトボールという競技を発見したんです。

元々自分は、健常者の頃ソフトボールのピッチャーをしていた経験から、これはやるしかないってことで本格的に調べだしたら、埼玉A,S,ライオンズで既に活躍中の一橋君にたどり着き、なんと、自分と一橋君は、所沢の国立のリハビリセンターで障害者同期だったので、そこからは話が早かったですね。

あらゆる練習会に顔を出し、練習ノウハウ、人脈探しを一生懸命やりました。何しろ去年の今頃は群馬でチーム結成を第一に考えて活動してました。

 

 

新井さんの今までのスポーツ経験は??

小学校高学年〜高校1年まで剣道やってて2段まで取りました。高校2年3年にかけて自転車競技マイナー競技の為、一応関東大会出場。高卒で就職し、24歳から交通事故で車椅子になる29歳までソフトボール、会社のチームに所属しピッチャーやってました。

 

それとスポーツというか、遊びでレーシングカートを19歳からやってて、耐久レースに出たりしてました。20代前半はドリフト的な事もやってたこともありましたね。

 

29歳からバイクの交通事故で車椅子になり、リハビリで所沢の国立リハセンターにいた頃、(バスケットボール)車椅子バスケを1年間くらいやってました。この頃埼玉チームの一橋卓己と出会ってるんですよね。

リハビリ終了して、元いた会社に戻り、31歳から33歳頃までレーシングカートでレース出たりしてました。それこそ、富士スピードウェイや、鈴鹿、つくばサーキットなんか走った事もあったりします。

34歳頃から車椅子テニスを始め、35歳の5月頃から車椅子ソフトボールの練習に参加しだして、現在に至るって感じですね。

 

 

 

新井さんが車椅子になった経緯教えていただいてもいいでしょうか??

正直かなりマニアックな話になりますが・・・

会社の先輩から、10年以上放置しているバイクがあって全然動かないから引き取ってくれないかと相談され、現車確認したところ、知る人ぞ知る名車、1988年式ホンダNSR250ってバイクだったので、その場で引き取る事を決意し、約2年かけてそのバイクを自分で全部分解し洗浄した後、組み立て直す、フルレストアし、新車同然の状態でバイクは復活し、4ヶ月ほど経過したある日、バイクに乗ってたら、一時停止無視で目の前に車が飛び出してきて、その車と衝突、背骨を骨折し、その時にもれなく脊椎を損傷し、車椅子生活となりました。

損傷部位は、胸椎の6,7番を骨折してて、感覚まともなのは上半身、みぞおちら辺までって感じですね。


新井さんの現在のチームは??

ん〜正直自分の立ち位置としては、関東圏内の大会は群馬チーム代表及び監督で、遠方の大会(北海道、北九州)は、東京チームの一員ですので、二足のワラジ履いてるようなもんですね。ま、メインはこの1年くらいで、1から・・・いや、ゼロから立ち上げた群馬Shadow Cranes には、並々ならぬ思い入れが有ります。よくぞこの短期間でチームが組めるほどの人数集まってくれた❗️メンバー一人一人にはホント感謝してます。

これも、この車椅子ソフトボールという競技に人を魅了させるほどの魅力があるからだと思います。

何しろ自分が、初めて参加した体験会で、競技の素晴らしさに胸をぶち抜かれた1人ですから。

それから群馬チーム立ち上げる為に県内での練習場所の確保や、体験者用の車椅子の確保、練習方法習得、かなり辛い思いもしましたが、練習会を主催していくうちに1人、又1人と回を重ねるうちに人数が増え、チームとしての実感が湧いて自分のモチベーションも上がり、徐々に現在の形になって来ました。

 

 

新井さんありがとうございます!それでは最後にソフトボールを知らない皆さんに一言!

一刻も早く体験して、胸をぶち抜かれてちゃって下さい‼️笑

 

東京大会は群馬チームで出場を予定しています。

なんとか集まったメンバーです。試合を経験した事あるメンバーなんてほぼいないので、まずは試合が出来る事に感謝し、楽しみたいと思います!!会場で会いましょう!!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索